教材の紹介
シニア犬が幸せに暮らすための、介護のあれこれ。】
一般的に小型・中型犬で7~8歳くらいから、
大型犬で5~6歳くらいからシニア期に入るとされています。

それまでできていたことができなくなったり、
そんな愛犬の様子に、
ある日ふと老化を感じて寂しくなったりするかもしれませんが、
同時に、それだけ長く一緒にいられたという
喜びと感謝を感じるのではないでしょうか。

これからはシニア期を少しでも楽しく、
健やかに過ごすにはどうしたらいいのかを考えましょう。
子犬時代とは違う、シニア犬ならではの可愛さがあります。

一緒に長い時を重ねたからこその愛情。
シニア犬との暮らしも、とても素敵なものです。

そんな、シニア犬になった愛犬を守るには、
老犬の介護する際のポイントを知っておくことが大切です。
そこで、愛犬を介護する際のポイントをご紹介します。

目次

1、幸せに暮らせる環境を作ろう。
2、食事はどうすれば良い?
3、運動はどうすれば良い?
4、介護が必要になったら、、、。
5、リハビリ、トレーニング
6、シニア犬の認知症
7、シニア犬の床ずれ対策
8、最後に
9、あとがき

​申し込み

銀行振込かカード払いになります。

■銀行振込の場合

下記のフォームから、

必須事項を入力の上、お申し込みください。

 

 

シニア犬が幸せに暮らすための、介護のあれこれ。は、¥8,000(税込)になります。

メール送信後、振込先を記載したメールをお送りします。

振込確認でき次第、教材をPDF形式ファイルにて

​お送りします。

■銀行振込の場合

下記の今すぐ購入ボタンから、

必須事項を入力の上、お申し込みください。

ぶー子@ペットアドバイザーをフォローしてください!

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Black Instagram Icon

​スポンサーサイト